精油の香りの特徴

ライムは柑橘系の一種で、レモンのように輪切りにして料理のアクセントや付け合せにしたり、汁を搾ってコーラやアルコール飲料に混ぜて食すことがよくあります。ビタミンCも大量に摂取できるお肌に良い食べ物です。 香りは柑橘系ならではの爽やかさが印象的で、同じ柑橘系のレモンよりも酸味が薄く、シャープでぴりっとした苦味がある点が特徴です。精油としても疲れた心身をリフレッシュしてくれたり、不安や憂鬱な気分を除去して気分を高めて元気にしてくれる効果があります。スッキリした気分になるので集中力を高めたい時には最適です。 またシャープなぴりっとした特徴から鼻水、鼻づまりにも効果があります。呼吸器の緩和にもよく、抗ウイルス作用で免疫力を高めるので、風邪や感染症の予防にも役に立ちます。柑橘系の特徴として食欲不振にも効果的です。消化液を分泌する作用があり、食が進まない時に利用すると良いでしょう。 その他、止血作用があるので、傷の治りを早める効果もあり、昔は薬として利用されていた事がありました。しかし肌が弱い人の場合は皮膚刺激がある為、注意が必要です。光毒性もある為、肌につけた場合は直射日光や紫外線を避けた方が良いでしょう。

}PgžxQ

コメントは受け付けていません。