日常生活での使い方

エアコンや暖房器具でお肌がカサカサで困っている、という女性は少なくないでしょう。女性は男性より皮脂の分泌が少なく、冬など乾燥しやすい時期に、さらに皮脂の分泌が少なくなります。皮脂が少なくなると、肌の表面のカバーがなくなり保湿力が弱まるので、乾燥してかゆみが起きたりするのです。肌の乾燥はしわの原因にもなり、老化を感じさせるものとなってしまいます。そんな時は、全身保湿してケアしてみましょう。全身のスキンケアは入浴時がお勧めです。アロマオイルをバスタブに数滴落として、入浴時に使用してみると良いでしょう。特に乾燥がひどい方は、植物性のオイルにアロマオイル数滴を混ぜ合わせたものをバスタブに入れるとしっとりします。肌が弱い場合、精油のみだと刺激になることがあるので、植物オイルをベースにして精油を混ぜた、バスオイルを入れた方が刺激が和らぐのです。精油はお好みのもので構いません。中でもライムの精油は強い芳香で、爽やかな柑橘系の香りの元気を与えてくれるような、リフレッシュできる香りなのでお勧めです。心への効能も、明るい気持ちにしてくれ、憂鬱な元気のない時に効果を発揮してくれます。肌を引き締めたり、強くしたりする肌への働きもあります。心地よい香りのバスタイムでリラックスしながら、肌をケアしてみてはいかがでしょうか。
}PgžxQ

コメントは受け付けていません。